FC2ブログ
2017/12/24

私にもクリスマスイブ。

もう日付が変わって、
今日は、クリスマスイブですね。

ちょうど日曜日なので、
家族でケーキやチキンなどを囲んで、
楽しく過ごすご家庭も多いことでしょう。

お子さんがいれば、
クリスマスは、何よりも重要な行事のようで、
お父さんやお母さんは、
大変ですね。

妹の子供たちがまだ小さい頃、
私もクリスマスには、
何かプレゼントを送ってあげたくて、
妹に電話して相談しつつ、
いろいろ迷って選んだりしたものです。

姪や甥がまだサンタさんを信じていたころは、
子どもたちのお願いの品を手に入れるのが、
とても大変だと、妹がこぼしていました。
だから、
クリスマスは、親にとって、
悩みの種だと、よく言っていました。


私は、子どもがいないので、
そういう大変な思いはしたことがありませんが、
結婚してからは、
いつも夫婦だけのクリスマスだったので、

いつもより少しごちそうを作り、
ケーキも、
夫(元夫)が買ってきてくれたり、
たまには私の手作りのときもあり、
ワインなどで乾杯する、
静かな夜でした。


私も、普段は部屋の装飾品などは、
あまり興味がないのですが、
クリスマスグッズは大好きで、
ツリーはいくつも飾ったり、
小物なども、可愛い物をちょこちょこと、
買い足してきました。

子どものいない家に、
おもちゃが飾ってあったら変ですが、
クリスマスの飾りは、
子どもがいなくても、堂々と飾れます。

サンタクロースやトナカイ、
煙突のある小さな家に、スノーマン。

小さなそういう飾りを見ていると、
自分の子供の頃の記憶が蘇るのか、
それとも、
自分にも子どもがいるような気分になるのか、
とても温かい安心した気持ちになるのです。


だから、離婚したときも、
ほとんどいろんなものを処分してしまったのに、
集めてきたクリスマスグッズは、
手放す気持ちになれず、
実は全部、実家に持ってきています。

でも、まだその箱を開けて、
飾ろうという気には、なれないので、
今年は、しまったままです。


実家にも、私と妹が小さかった頃の、
クリスマスの飾りが、
どこかにあるのでしょうが、
今年はまだ、それも探さずにいようと思います。

ですから今年は、飾り気のない、
寂しい我が家のクリスマスですが、

せめて料理だけは、
いつもより少しごちそうを作ろうかと思います。

歯の悪い父でも食べられそうなグラタンとか、
母の好きなミネストローネと、
モッツァレラチーズとトマトのミモザサラダ。
チキンも何か考えて、

いつもとはガラリと違った、
洋風の夕食にしてみようと思います。

朝起きたら、まずは雪道を歩いて、
買い物に行かなければならないので、
穏やかな天気の、
イブの一日でありますように(*^^*)



    スポンサーリンク



ブログのランキングに参加しています。
クリックで応援、よろしくお願いします。 
     ↓

人気ブログランキング 
にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
応援ありがとうございます。


スポンサーサイト



2017/12/19

母の夢が遠のいた理由。

12月と言えば、 
大掃除をするご家庭も、
多いことでしょうが、

わが家では、
現在、父も母も体を痛めているので、 →(父と母の病気)
もっぱら大掃除は、
私の意思に任されています。

大人だけの家族ですし、
母が日ごろからこまめに掃除もしていたので、
そんなに汚くはないのですが、

働き者の母は、
暮れの大掃除が気になるらしく、
私がのんびりしていると、
自分でせかせかと掃除し始めるので、

健康で、
親の年金で暮らしているニートな私が、
くつろいでいるわけにもいかず、
「お母さんは座ってていいから。」と言って、
私が立ち上がるしかありません。

掃除自体は、嫌いなわけではないので、
いいのですが、
玄関にしろ、お風呂場にしろ、
なにせひどく寒い所の掃除ばかりで、
寒いのが苦手な私は、
あ~あ、そんなに汚れていないのにな~と、
ついつい思ってしまします。

しかも、
家自体が古いので、
汚れというより、
もう長年しみついた色とか傷のようなものが多く、
がんばって磨いても、
ピカピカになるわけもなく、

掃除する前との差があまりないので、
達成感も少ないし、
周りからの評価も得られない感じです。

それでも母は、
掃除の微妙な効果がわかるのかどうなのか、
私が掃除し終わった場所を見て、
とても満足そうに、
ありがとう、助かったわと、言ってくれるので、

そういう気持ちになってくれて、
良かったと、思うしかないです。


実際、母も、
この家がとても古いことは、嫌がっていて、
ああ、新しい家に住みたい。
小さくていいから、綺麗な新品の家を建てたいと、
時々言っているので、

80歳近くになっても、
まだ家を新築して、
引っ越ししたいなどと思う、
母のバイタリティーには、
とても驚いてしまいます。

その辺が、長年、主婦として居続けられた、
母の能力と魅力なのかもしれません。
中途半端な私とは、
やはり大違いな部分です。
どうも、そういう母の遺伝子は、そっくり、
前向きで現実的な妹に行ったようです。


古いこの家を建て替えて、
新しい綺麗な家に住みたいという、
母の夢。

ぜいたくはしてこなかった両親なので、
多少の貯金はあるでしょうし、
もし、私がまっとうな結婚生活をしていて、
私と妹が少しずつ援助すれば、
決して実現不可能な夢ではなかったはず。

長い人生をがんばって生きてきて、
そのくらいの夢を叶えることは、
何も高望みなことではないのに、

私のこの転落のために、
両親の明るい老後まで、
暗くしてしまったという、
情けない現実。

こんな厄介者の私がいることで、
両親の心配も増え、
お金の負担も増え、
母の夢も遠のいたのです。


離婚したことは、
自分にはなんの後悔もありませんが、
そのことで親に迷惑をかけざるを得なくなったことは、
とても辛いです。

本来なら、私は、
親を幸せにしてあげるべき年齢なのに、
親の幸せを奪っていることに、
愕然としてしまいます。



    スポンサーリンク



ブログのランキングに参加しています。
クリックで応援、よろしくお願いします。 
     ↓

人気ブログランキング 
にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
応援ありがとうございます。


2017/12/16

豚さんのことは、なにも知らない。

今日は、
久しぶりに父が、すき焼きが食べたいと言い出し、
夕食は、すき焼きになりました。

我が家で、すき焼きといえば、
肉は、豚肉。

しゃぶしゃぶの時も、
豚肉です。

北海道の家庭は、
そういう傾向があるみたいですね。

北海道といえば、牛がたくさんいるイメージですが、
乳牛ばかりなので、
牛といえば、牛乳です。

すき焼きに入れた豚肉は、
タレのタマゴとからまって、
とてもコクがあり、美味しい深い味わいでした。

スーパーに行くと、
豚肉のほとんどが、
北海道産のものばかりで、
他産地のものは見ないので、
かなりの数の豚が、北海道には、いるはずですが、

私は、豚が、どういうふうに飼われているのか、
よくわかりません。

乳牛や、ニワトリなどは、
飼われているところも、
ニュースなどで見たことがあり、だいたい想像がつきますが、

豚の飼育場は、
みたことがないのです。

だいたい、札幌の近郊には、
おそらく豚は飼われていないでしょうし、
どの地方で飼われているのか、
不明でもあります。

どのくらいの大きさの豚が、
食用になっているのか、
どんな場所で、どんな暮らしをしているのか、


なんだかとても気になりました。 🐖


    スポンサーリンク



ブログのランキングに参加しています。
クリックで応援、よろしくお願いします。 
     ↓

人気ブログランキング 
にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
応援ありがとうございます。


2017/12/11

私の今年は、こんな年でした。

もうすぐ一年が終わります。

歳をとると、時のたつのが、
とても早いと言いますが、

私にとって、この一年は、
いろいろなことがあり、
住む場所、共に住む人、自分の名前まで変わり、
人生がガラリと一変し、

かなりインパクトのある、
衝撃的な一年だったため、

あっという間に過ぎたという印象はなく、

ある意味、とても印象深い、
一年であったと、言えます(^-^;


昨年や、一昨年、
まだ結婚していた最後の頃、
どんなことをして過ごしていたのだろうかと、
思い出そうとしても、

あまりはっきりしたことは思い当たらず、

おそらく、
混沌とした気持ちを抱えたまま、
不透明な日々を重ねていたように思います。


今の気持ちが、
混沌としていないのかと言えば、
今もやはり、
不安や迷いや苦しみはありますが、

あのころとは確かに何かが違う、

すべて失った者の、
開き直りのような、
妙な心地よさが、わずかに流れているのを、
感じます。

谷底まで落ちた者が、
生ぬるい泥の中に埋まって、
顔だけ出して、
キョロキョロと、
上をうかがっているような、
そんなイメージでしょうか。。。


このままずっと泥の中にいるのか、
なんとか這い出していけるのか、
それは全くわかりません。

でも、
谷の途中で、木に引っかかって、
いつ落ちるのかとハラハラして、
恐怖におののいているよりは、

落っこちて、
泥の中に埋まって良かったと、
思っています。


それに、
落っこちても、
私はちゃんと、生きています。

今はそのことに感謝して、
ほっと胸をなで下ろしている、

そんなふうに、
私の今年が終わろうとしています。



    スポンサーリンク



ブログのランキングに参加しています。
クリックで応援、よろしくお願いします。 
     ↓

人気ブログランキング 
にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
応援ありがとうございます。


2017/12/02

寒さに凍えて歩くのは苦しいです。

昨日、父の薬をもらいに、調剤薬局まで、
歩いて行ってきました。

片道20分ほどの歩きでしたが、
本当に、寒くて寒くて、凍えました。

中綿入りの厚手のコートを着ていきましたが、
そんなものは素通りして、
刺しこむ冷えの痛みに、泣きそうになりました。

雪も風もなかったので、
油断してしまったけど、
もっともっと厚着して、出てくればよかった。。。


寒すぎるのも、暑すぎるのも、
生き物にとっては、命にかかわりますが、

暑いより、寒いほうが、
ずっとずっと悲しく、苦しいと思います。


途中、公園に差し掛かると、
低木の陰に、すずめが数羽、カサカサと動いていたけれど、
飛び立つ気配はありませんでした。

こんな厳しい寒さの中、
あの小さな体は、
いったいどうやって、
体温を維持しているのでしょうか。

冬毛が生えたとか、
そんなものでは耐えきれない、
この厳しい冷え。

秋にはあんなに楽しそうに、
大勢でたむろしていたスズメの群れも、
もうすっかり見なくなりました。

暖かくさえあれば、生きていられるのに。


あともう少し、もう少しと、
自分を元気づけて、
温かい部屋の中を夢想して歩く、長い凍える道。

歯を食いしばり、
体中に力を入れて、
寒さに負けないように、
下を向いて、耐えて歩く。


やっと家が見えてきて、
玄関のドアをあけ、
温かい部屋の中に足を踏み入れると、

温かさという喜びに、
全身が包まれて、、
天国にきたみたいな幸福感(´▽`*)

体中の細胞が、解放されて、
浮き上がる心。

幸せは、感じるもの、
という言葉がありますが、
本当にその通りだと、しみじみ思います。

温かくいられることの幸せ、
忘れずにいようと思います。



    スポンサーリンク



ブログのランキングに参加しています。
クリックで応援、よろしくお願いします。 
     ↓

人気ブログランキング 
にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
応援ありがとうございます。


あかり

Author:あかり
50代 女性

最近離婚して、
関東圏から、
北海道札幌市の実家に戻ってきました。
70代の両親と3人暮らし。

バツイチ
子ども なし
収入  なし