FC2ブログ
2017/10/09

余っている紙粘土で作ったもの。

持っていた紙粘土が
未開封ながら古びてきて、

堅くなって捨てるはめになる前に、
何かに使ってしまおうと思い、

ハロウインのかぼちゃを作ることにしました。


数年前にたぶん100均で買ったけれど使わずに、
そのまま実家に持ってきた粘土です。

kabocha1.jpg


ハロウインの飾り物は、
それこそ100均で、
可愛いのがいっぱい売られているし、

本物のおもちゃカボチャも、
スーパーで安く手に入りますけど、


kabocha2.jpg


こんなのができました。
吊るしてもいいように、フックも付けました。


かぼちゃって、ぼこぼこしていても問題ないし、
色も様々、
ハロウインの顔もどんなのでもいいので、


こんなに作りやすい題材は、
他にはないですね(^▽^;)


もし余っている粘土がある方は、
 (粘土が余っている人って、そんなにいないでしょうが。)
失敗しないので、
ぜひ作ってみて下さい(´▽`*)


せっかく作ったので、
恥ずかしながら、

玄関の観葉植物の横に、
ちょこんと飾ってみたら、

母がニコニコして、
かわいいの飾ったね、と眺めていました。


既製品だと思っているようですが、

私の手作りだということは、
言わないでおきました。

子どもでもないのに、
私のような者が手作りの粘土って、
母がどう思うか、
なんだか、、ね。


昔から、母は、
ひな祭りやクリスマス、他にもいろんな行事ごとに、
飾りつけを準備して、
私や妹を楽しませてくれました。

最近は、父と二人なので、
そういうこともすっかりしなくなったようです。


こんなちっぽけなかぼちゃ一つですが、
置いてみると、
玄関が、子供のいる家のように、
明るく楽し気になった気がします。



    スポンサーリンク



ブログのランキングに参加しています。
クリックで応援、よろしくお願いします。 
     ↓

人気ブログランキング 
にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
応援ありがとうございます。


 

あかり

Author:あかり
50代 女性

最近離婚して、
関東圏から、
北海道札幌市の実家に戻ってきました。
70代の両親と3人暮らし。

バツイチ
子ども なし
収入  なし