FC2ブログ
2017/11/26

雪の北海道で思うこと。

本当に寒い毎日が続きます。
何十年ぶりの、
北海道の冬の暮らしは、
きりきりと身にこたえます。

生まれてから結婚するまでは、
ずっと北海道にいたのですが、
そのころはこれほど冬の寒さを感じることもなく、
むしろ雪が降ったらウキウキした気持ちにさえ、
なっていた気がします。

母に言わせると、今の時期など、
まだまだ冬の入り口で、
これからでしょ、だそうで、

確かに、そうですね。(/_;)
冬は、これからです。


先週、30センチほどの雪が積もったとき、
一人で、もくもくと、
家の前の雪かきをしながら、

これだから、北海道は、いつまでたっても、
発展しないんだな、、ってことに、
ふと気が付きました。

11月から3月まで、
1年の半分近く、すっぽり雪に覆われて、

人々は、毎日の除雪に気を揉みます。
朝起きて、まず雪との対決に挑みます。

交通機関は渋滞し、
暖房費用もかさみます。

市町村の除雪、排雪の、費用や手間も、
膨大なものだと思います。

ウインタースポーツの魅力だなんだと言っても、
そんなものでは追いつかない、

このやっかいな雪害さえなければ、
どんなにか軽やかで機能的な北海道に、
なることか。。。


こうしている間も、

外は、しんしん、しんしんと、
静かに雪が降り積もり、

またあとで、体を張って、
除雪に挑まなくてはなりません。


今まで、
父と母と、年老いた二人だけの暮らしで、
雪が積もれば、
買い物に行くのさえ、ままならず、

さぞ心細かっただろうなあと、
そんなことが、胸をよぎります。

子供の頃、
学校からの帰り道、
真っさらな雪の上に、
バタンと倒れて、埋まってみると、

雪の中は意外と温かく、
このまま眠ったら、
本当に遭難するんだろうかと、
不思議な気持ちになったことも、
思い出しました。


今となっては、 気が重いだけの雪だけど、
しかたがない。。。

北海道に帰ってきてしまったのだから。



    スポンサーリンク



ブログのランキングに参加しています。
クリックで応援、よろしくお願いします。 
     ↓

人気ブログランキング 
にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
応援ありがとうございます。


あかり

Author:あかり
50代 女性

最近離婚して、
関東圏から、
北海道札幌市の実家に戻ってきました。
70代の両親と3人暮らし。

バツイチ
子ども なし
収入  なし