FC2ブログ
2018/01/19

両親と遅い初詣に行ってきました。

今年のお正月は、
初詣に行きそびれていて、
だれも言い出さないので、
そのままになっていましたが、

父が先週、突然、
初詣に行こうと言い出して、
家族3人で、時期外れの神社に行ってきました。


地元の町名がついた、小さな神社です。
行くのには、バスに少し乗り、
そのあと10分ほど歩きがあります。

この寒い中、
お正月も過ぎたのに、
もう行かなくてもいいいのではないかと、
内心思いましたが、

冬になり、ほとんど外に出なくなった父が、
珍しく、出かけたいと言ったので、
私もお供をして、ついて行くしかありません。


運動のためもありますが、
両親のやりたいことは、
私には少々面倒なことでも、
できる時に、させてあげたいと、
最近、そう思うようにもなりました。

父も母も、もう歳です。



小さな神社ですが、
敷地はけっこう広く、
平日の境内は、私たち以外の姿はなく、

小雪の舞う中、
防寒のため着ぶくれした私たち3人だけが、
目立っていました。


私は、普通に、家族の健康と無事を願って、
すぐに参拝は終わりましたが、
父も母も、
かなり長いこと、手を合わせ、
願いをかけています。

両親とも、
自分の体に、それぞれ不調があるので、
軽快することを祈っているのでしょうか。


両親の拝んでいる横顔を見ていると、
拝むとか祈るというのは、
ちゃんと生きている人だからこそ、
生まれてくるものだと感じました。

一生懸命生きているからこそ、
強い願いも、
生まれるのでしょうね。


本当は、私自身も、
今の自分の状況を変えるべく、
願いをかけることは多々あるのでしょうが、
自分自身が、前に進もうともしていないのに、
願いだけかけてみても、
あまりにも他力本願で、
神様にも、申し訳なさすぎるので、
やめました。


少し離れたところに、
おみくじ台があり、
100円を入れて、
自分でおみくじを抜き取るようになっていました。

父も母も、楽しそうに引いていましたが、
私は、引きませんでした。

もし、私が引いて、
大吉が出たら、嘘っぱち過ぎて、
おみくじを引いた意味がなく、
逆に、凶などが出たら、
やっぱりかと、悲しくなるだけですし、

末吉とか、小吉とか、
そのクラスが出ても、
まあそんなもんでしょという感じで、
引いた意味がなく、

できれば、
吉とか中吉なんかが出れば、
気分的には一番いいのかもしれませんが、
それが出る確率も低いです。

幸いにも、
父は大吉を引くことができて、
まあこんなものは当てにはならんな。と言いながらも、
嬉しそうに笑っていたので、
良かったです(*^^*)

母は吉でした。


少し歩くと、
神社の建物の陰から、
スズメの声が聞こえてきました。

家の近所では、もうすっかり、
スズメを見ることはなくなりましたので、

ああ、ここにはまだスズメが居たんだ~と、
とても嬉しく、温かい気持ちになりました。

外は雪一面で、
もうスズメの食べられそうなものは何もないので、
優しい神社の方などが、
餌でもあげてくれているのかな。

姿を見ることはできなかったけれど、
久しぶりに可愛らしいスズメの声が聞けて、
私にも明るい初詣になりました。



    スポンサーリンク



ブログのランキングに参加しています。
クリックで応援、よろしくお願いします。 
     ↓

人気ブログランキング 
にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
応援ありがとうございます。


   

あかり

Author:あかり
50代 女性

最近離婚して、
関東圏から、
北海道札幌市の実家に戻ってきました。
70代の両親と3人暮らし。

バツイチ
子ども なし
収入  なし